新着情報

大会長講演 

『職種間連携でめざすもの』 永耒 努 (株式会社コンパス)

 

 厚生労働省は、在宅医療・介護連携推進事業を「医療と介護の両方を必要とする状態の高齢者が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、地域における医療・介護の関係機関が連携して、包括的かつ継続的な在宅医療・介護を提供することが重要」と示している。またこの実現のため、関係機関が連携し、多職種協働により在宅医療・介護を一体的に提供できる体制を構築するため、都道府県・保健所の支援の下、市区町村が中心となって、地域の医師会等と緊密に連携しながら、地域の関係機関の連携体制の構築を推進するよう、われわれ言語聴覚士にもミッションが課されている。

 これを受け、われわれが多職種との連携で取り組むべき内容は『表現方法の工夫』と考えている。医療機関で勤務する言語聴覚士が多いため、介護の現場の状況がイメージしにくく、本当に必要な情報を使った連携が実現できていないからである。さらに専門性に特化した病態や症状の説明を多用すると、連携どころかコミュニケーションさえ成立しなくなってしまう。

今回のテーマでもある、同職種間で「つなげる技」を共有しながら、私が考える他職種間連携が目指すべき方向性をご提案したいと考える。

一覧に戻る


Hit Counter provided by criminal attorney Orange County