新着情報

阪神淡路大震災を語る 1.17 私たちは忘れない―医師たちのあの日の証言(1月14日開催)

阪神淡路大震災を語る 1.17 私たちは忘れない-医師たちのあの日の証言-

 

【テーマ】日本の災害医療の原点と言われる阪神淡路大震災(平成7年発災)から23年が立ち、多くの若者にとって生まれる前の出来事となりました。その大震災で、自ら被災しながらも、現場で働いた医師たちにとっても、遠い過去のこととなりつつあります。この度、その医師たちが登壇し、あの日、何があったのかを語ります。DMATやJMAT,JRATがなぜ必要とされ、設立されたのか。故きを温ねて新しきを知る、そして未来へ繋ぐ。そのような機会を設けました。職種や年齢は関係なく、是非ご来場ください。

 

【日程】2018年1月14日(日) 13:00~17:00 (受付12:30~)

【会場】新大阪コロナホテル:http://osakacoronahotel.co.jp/access.html

【定員】90名(定員になり次第、締め切らせていただきます。)

【参加費】500円

【申し込み方法】以下に添付のチラシをご確認下さい。

【主催】大阪府大規模災害リハビリテーション支援研究会

    協力:大阪医科大学リハビリテーション医学教室

    大阪JRAT 助成:JR西日本あんしん社会財団

 

阪神淡路大震災を語る 1.17 私たちは忘れない―医師たちのあの日の証言

一覧に戻る


Hit Counter provided by criminal attorney Orange County