新着情報

第3回大阪府言語聴覚学術大会開催(2018年10月28日)

 第3回大阪府言語聴覚学術大会を下記の要領で開催します。

 今大会のテーマは、前回大会のテーマ「つながる知~臨床の基礎を高めよう~」からさらに発展させ、医療・介護・在宅・地域のシームレスな連携を願って「つなげる技~急性期から在宅まで~」としました。シンポジウムでは病院・施設・行政それぞれの立場からお話を伺い、その後パネルディスカッションを予定しております。

 学術講演では、高次脳機能障害の評価に必要な視点や考え方、アプローチの工夫など、具体例も交えた内容となっております。

 詳細につきましては、大阪府言語聴覚士会ホームページで順次お知らせします。今後の成長と発展に向けて、是非ご参加ください。

 また、当日お手伝い頂けるスタッフを募集します。経験年数などは問いません。一緒に運営に携わって大会を成功させましょう。

 

大会テーマ : 「つなげる技~急性期から在宅まで~」

会   期 : 2018年10月28日(日)10:00~16:30(予定)

会   場 : 大阪保健医療大学 2号館

大 会 長 : 永耒 努(株式会社コンパス)

実行委員長 : 大西 環(大阪保健医療大学)

参 加 費 : 会 員(事前2000円、当日3000円)

        非会員(事前4000円 当日5000円) 

        学 生(事前・当日とも500円)

申し込み方法: 下記申込フォームからお申込みください

        締め切り 2018年10月19日(金)

演  題  募  集  : 演題募集は締め切りました

 

学術大会に関するお問合せ先

大阪府言語聴覚学術大会実行委員長 大西 環   メールアドレス:gakuzyututaikai3@gmail.com

 

 

学術講演 

   「行動からみる高次脳機能障害 評価とアプローチの工夫」

                鵜飼リハビリテーション病院  森田秋子 先生

 

特別講演

   「失語症者向け意思疎通支援の経緯と概要」

         厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部 企画課 自立支援振興室

                            室長補佐 村山太郎 氏

シンポジウム

   「つなげるための私の視点」 司会:永耒努 氏

      ・病院(急性期、回復期)での退院支援   宮本光江 氏(大阪警察病院)

      ・失語症デイサービスでの取り組み     石原明美 氏(デイサービスことばの泉)

      ・行政の立場から             花家 薫 氏(堺市地域包括ケア推進課)

 

他にも様々な企画を計画しております。詳細は随時HPに更新していきますのでご確認ください。

 


 
第3回大阪府言語聴覚学術大会 当日スタッフ募集
 
  
― 募集要項 ―
 
【申し込み資格】大阪府言語聴覚士会の正会員、準会員
【活動内容】当日の設営・運営
【会場】大阪保健医療大学
【募集人数】若干名
【申し込み先】gakuzyututaikai3@gmail.com
【件名】「第3回大阪府言語聴覚学術大会 当日スタッフの応募」
【本文】①氏名 ②所属 ③連絡先 ④府士会会員番号
 
大阪府言語聴覚学術大会実行委員長 大西 環
 
 
 
 
 
↓ 参加申し込みフォームです ↓

イベントお申込み

一覧に戻る


Hit Counter provided by criminal attorney Orange County