新着情報

一般社団法人大阪府言語聴覚士会第4回総会(6月10日開催)

一般社団法人大阪府言語聴覚士会第4回総会を下記の通りに開催します。
 
【会 期】2018年6月10日(日)13:00~17:15頃(12:30受付開始)
 
【会 場】大阪保健医療大学2号館 6階 講堂
     京阪電鉄本線・地下鉄谷町線「天満橋」駅から徒歩約8分
     JR東西線「大阪天満宮」駅から徒歩約10分
     地下鉄堺筋線・谷町線「南森町」駅から徒歩約10分
    (アクセス詳細につきましては大阪保健医療大学HPをご覧ください。)
 
【予 定】13:00~14:00 総会講演
     「当事者セラピストから伝えたい 高次脳機能障害に対するかかわり方」
      講師 関 啓子先生(三鷹高次脳機能障害研究所所長)
      会 員:無料(2018年度の会費を納入済の方)  
      非会員:2,000円
      学 生:500円
      *日本言語聴覚士協会の生涯学習ポイント対象です。
      非会員の方、学生の方は、ページ下部の「イベントお申込み」から
      事前申し込みをお願いします。
      会員の方(会費納入済み)の方は申し込み不要です。
     14:15~16:00頃 総会
     16:15~17:15頃 地域ブロック交流会 等
 
 
 今年も総会に先立ち、講演会を開催します。今回は、高次脳機能障害の臨床・研究で広く知られており、WAB失語症検査日本語版、BIT行動性無視検査日本版作製委員として各検査法の標準化・出版にも携わられた、関啓子先生をお招きいたしました。ご自身が高次脳機能障害の当事者となられた後、三鷹高次脳機能障害研究所を設立し、現在も高次脳機能障害の臨床や研究、教育にと、ご活躍中です。言語聴覚士の草分け的存在であり、また研究者、高次脳機能障害の当事者でもある先生のお話は、我々が臨床を行う上で非常にためになるものと思います。お知り合いの方や同じ職場の皆様お誘いあわせの上ふるってご参加ください。
 
<先生からの一言メッセージ >
 私は失語症や半側空間無視をはじめとする高次脳機能障害のリハビリテーションに30年以上従事してきた言語聴覚士です。神戸大学医学部教授として臨床・研究・教育すべてが順調だったまさに絶頂期に脳梗塞を発症し、左片麻痺と専門としていた多彩な高次脳機能障害を負いました。その後、本障害は専門家である当事者セラピストとして対応したので、大半が軽症化しました。
 本講演は発症後9年経過した現時点において「高次脳機能障害を専門とする当事者セラピストから伝えたい高次脳機能障害へのかかわり方」を中心にお話させていただきます。皆さんの臨床のヒントになれば幸いです。
 
 
 
 総会は、活動報告、決算報告、活動方針提案、予算提案など、府士会の一年を振り返り、次の一年の指針を決める重要な会議です。ぜひ一緒に話し合いましょう。また、総会後は、地域ブロック交流会などを企画しています。あわせてご参加ください。
 総会が成立するためには、正会員の3分の1以上の出席が必要です。万が一、総会が不成立になれば、会の活動は数か月ストップしてしまいます。ぜひ、会員としての役割を果たすためにご出席ください。
 
★欠席される方は、府士会ニュースに同封の「書面表決」または「委任状」をご提出ください★
(施設ごとに取りまとめてFAXでも可能)
 送付先:メディケア・リハビリ 会長 藤井達也 
 FAX番号:072‐931‐2720
 番号をお間違えのないよう、よろしくお願いいたします。
 
 尚、総会講演は本年度の会費をお支払いの方のみ無料、それ以外の方は非会員価格となります。総会開催までに、会費納入のほどよろしくお願いいたします。
★総会会場での会費納付の受付は行っておりません。ご注意ください。★

イベントお申込み

一覧に戻る


Hit Counter provided by criminal attorney Orange County