新着情報

業務安全検討委員会 第4回研修会(3月2日開催)

 業務安全検討委員会では「STが安全に業務を行えるように」をテーマに第4回研修会を下記の通り開催します。日頃臨床で困っているが、ちょっと聞きにくい「嚥下訓練のリスク」,「移乗動作のリスク」について開催いたします。経験の浅いSTさんだけでなく、ベテランSTさんもご存じの知識の再確認に是非、ご参加下さい。

 

第4回研修会「嚥下訓練等のリスク管理と移乗動作等のリスク管理」

 

【日 程】2019年3月2日(土) 10:00~16:00(受付開始9:30~)

【会 場】大阪保健医療大学2号館5階(大阪市北区天満1-17-3)
     地下鉄谷町線「天満橋」/京阪電鉄「天満橋」下車徒歩約8分
     地下鉄谷町線「南森町」/JR東西線「大阪天満宮」下車徒歩約10分

【内 容】

<テーマ1>
■嚥下訓練におけるリスク管理〜実例を交えて〜(講義)10:00~12:00
摂食・嚥下リハビリテーションは現在多くの病院、施設において、言語聴覚士業務の中核になっています。ただ一方で摂食・嚥下リハビリ テーションはミスをすると、患者様の命に関わる重大なミスに成りかねないリスクがあるリハビリテーションでもあります。誤嚥、窒息は勿論の事、血液検査データ、疾患の詳細等、言語聴覚士がリスクを回避する為には多くの情報収集が必要になります。今回いくつかの実例を交えながら「こんな時はどうする?」を皆さんと考えていきたいと思います。

■講 師:東住吉森本病院 言語聴覚士 前川淳一氏

 

  <テーマ2>

■STが行う移乗介助動作のリスク管理(講義、実技) 13:00~16:00
STの方々の中には移乗介助動作に苦手意識や、2人介助で実施していることが多い方もおられると思います。また、「見守り~軽介助の移乗しか経験していない」「力ずくでやっている」「中等度介助が必要な患者は担当にさせてもらえない」など、不安を感じているSTもおられるかと思います。本研修では、ベッド-車椅子間の中等度介助の移乗動作を一人で行えることを目標に講義・実技を行います。

■講 師:社会医療法人さくら会 さくら会病院 言語聴覚士 松田敏治氏
      さくらリハビリ訪問看護ステーション 理学療法士 鈴木有紀先生

 

第4回ご参加の方へのお願い

・クリップボードをご持参下さい(簡易ベッドを机替わりにするため)

・ベッド上での移動動作で使用するための大きめのバスタオルをご持参下さい。

・実技を行いますので、動きやすい服装でご参加下さい。

 

【定 員】30名(先着順)

【参加費】会員 500円、非会員 3000円

【申し込み期間】20181217日(月)~2019年2月28日(木)

 ※ 第4回研修会の参加は、原則全日の参加となります。やむを得ず午前のみ、午後のみのご参加の場合でも上記の参加費となります。

【申込方法】下記申込フォームよりお申し込みください。

☆イベント名には「業務安全検討委員会第4回研修会参加希望

※第3回、第4回の申し込みを間違えないように注意して下さい。

※第3回、第4回の申し込みは別々に行って下さい。

※申し込み後にお送りする自動返信メールにエラーが多発しております。

PCメールの受信拒否設定をされている方は,セキュリティレベルの確認を含め,メール設定確認をお願いします。

☆研修会の内容に関して講師の方に質問がございましたら、備考欄にお書きください。

☆第4回は実技でグループ分けを行いますので、備考欄に「性別」の記入をお願いします。

 

ご注意下さい

★研修会当日の入会手続き,年会費受付はいたしません。事前の入会手続きや年会費のお振込みをお願いいたします。

★受付をスムーズに行うために、なるべく釣銭がないようお願いいたします。

★大阪府言語聴覚士会のHPから申し込みが出来ない場合やお問合わせは、以下の宛先までご連絡下さい。

<大阪人間科学大学医療心理学科言語聴覚専攻 安井美鈴 メールアドレス m-yasui@kun.ohs.ac.jp >

 

業務安全検討委員会お申し込み

一覧に戻る


Hit Counter provided by criminal attorney Orange County