新着情報

2019年度総会のご案内(6月23日開催)

一般社団法人大阪府言語聴覚士会第5回総会を下記の通りに開催します。

 

【会 期】 2019年6月23日(日)10:30~17:00頃(10:00受付開始)
【予 定】10:30~12:00
 「大阪府における失語症者への支援の検討の概要」(仮)
  講師 大阪府福祉部障がい福祉室自立支援課事業担当者
 「大阪府と大阪府言語聴覚士会事業協定式」(仮)
  大阪府福祉部障がい福祉室長・大阪府言語聴覚士会会長

13:00~14:00 総会講演
 (日本言語聴覚士協会 生涯学習ポイント対象)
 「嚥下リハビリテーションの達人になるために」
  講師 福岡達之 先生
 (広島国際大学総合リハビリテーション学部リハビリテーション学科言語聴覚療法学専攻 准教授)

14:00~14:15 企業展示 製品説明会(仮)
14:15~16:15 総会
16:30~17:30 地域ブロック交流会 等

【会 費】会員 :無料(2019年度の会費を納入済の方は、申し込み不要です)  
非会員:2,000円,学生:500円
 *非会員,学生の方は、下記の申し込みホームから事前申し込みをお願いします。
 イベント名:「2019年度総会講演」と入力してください。
【会 場】大阪人間科学大学庄屋学舎1階 OHSホール
大阪府摂津市庄屋1-12-13
阪急京都線「正雀」駅から徒歩 5分
JR京都線「岸辺」駅から徒歩 10分
(アクセス詳細につきましては大阪人間科学大学HPをご覧ください。)
※OHSホール内は飲食禁止です。ホールの外でご飲食ください。
 当日は、食堂は休みですので、昼食等はご用意ください。

 

 

【福岡達之先生からのメッセージ】

 講演のタイトルから演者が達人のように思われるかもしれませんが、決してそうではありません。嚥下リハビリテーションを究めるために必要な最新の知識、臨床のヒントをお話し、言語聴覚士の皆さんと共に達人を目指したいという思いです。嚥下障害への関心が高まる中、言語聴覚士に処方される患者は、脳卒中や神経筋疾患だけでなく、他疾患の経過中に合併するもの、老嚥、サルコペニアなど多岐にわたります。そのような幅広い病態に対応するための嚥下障害の見方、リハビリテーション治療の方法について講演する予定です。 

 

 今回の総会議案に「定款の変更」が挙がっているため、総会が成立するためには、通常総会時より多い正会員の3分の2以上の出席が必要です。万が一、総会が不成立になれば、会の活動は数か月ストップしてしまいます。ぜひ、会員としての役割を果たすためにご出席ください。

★欠席される方は、大阪府言語聴覚士会ニュース69号同封の「書面表決」または「委任状」をご提出ください★
(施設ごとに取りまとめてFAXでも可能)

 

2019年度総会講演申し込み

一覧に戻る


Hit Counter provided by criminal attorney Orange County