研修会情報

第1回業務安全検討委員会研修会(9月16日開催) 終了しました

 業務安全検討委員会では、今年度も「NsがSTさんに知っておいて欲しい患者さんの全身状態の評価及びリスク管理について」という内容で研修会を下記の日程で開催いたします。講師は、昨年度と同様に、独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院の集中ケア認定看護師の2名の方をお迎えします。
今年度のこの内容での開催は今回のみとなりますので、ぜひご参加ください。
 
1.日時:2019年9月16日(月) 10:00~16:30(受付開始9:30)
2.場所:大阪人間科学大学C号館 (大阪府摂津市正雀1-3-30 大学アクセス画面でご確認ください)
2.テーマ:NsがSTさんに知っておいて欲しい患者さんの全身状態の評価及びリスク管理について
3. 形式:講義 及び 実技
 
【 研修内容 】
★第1部:講義:10:00~12:00
  講義内容
 ①急性期等でリハビリテーションが介入する場合や離床時に看護師さんから「この点は注意して欲しい点」や「リスク管理」について
   ⅰバイタルサインの見方(血圧,呼吸,心音,血液データ,心電図モニター,人工呼吸器など)
    ・血液データ(CRP,ALb,Dダイマー等)の見方
    ・心電図モニターの見方
    ・急性期で離床時に伴うリスクについて
    ・ルート管理について
   ⅱ看護師さん側からSTに望む点(報告方法や情報共有についてなど)
    ・ナースさんに報告する際の患者さんの危険レベルの判断が難しい場合でのポイントについて
   ⅲ人工呼吸器等のアラームの種類と対応、点滴カテーテルが抜けた時の対応。
 ②疾患別のリスク管理
  ・呼吸器疾患、心疾患について。
  ・症状とそれに伴う異常呼吸音について
  ・呼吸パターンについて
  ・循環器のバイタルサイン(四肢冷感、浮腫など)の見方
  ・るい痩、拘縮、長期臥床の方などのバイタルがとりにくい場合の対応。
  ・患者さんを担当する時に見ておかなければならない合併症(例えば心不全,糖尿病,腎疾患など)と注意すべきポイントについて。
 
★第2部:講義:13:00~14:30 
  講義内容
   ⅰカニューレの種類と選択基準、カニューレが抜けた時の対応
   ⅱ窒息・嘔吐時の感染や姿勢などの対応。吸引での注意点など
   (吸引になれていないSTが万が一事故を起こした時の対応について)
   ⅲ気管カニューレの抜去に向けてどのような流れで行われているのか?
   ⅳその時々の評価ポイント
★実技:14:45~16:30
  ①肺音・心音の聴診時に正常音と異常音の違い。
  ②血圧測定(電子血圧計,水銀血圧計),Spo₂測定測定と測定困難な患者様への対応等
  ③スタンダードプリコーション・感染予防について
  ④吸引
 
★研修会の定員,参加費,申し込み期間,申し込み方法
1.定員 : 30名
2.参加費: 会員―1000円 非会員―3000円 ※本年度会費をお支払の方のみ、会員参加費でご参加いただけます
3.申込期間:7月10日(水)~9月13日(金)
4.申し込み方法:下記の申込フォーム『業務安全検討委員会お申込み』からお申し込み下さい。
*研修会当日の入会手続き,年会費受付はいたしません。事前の入会手続きや年会費をお振込みください。
*受付をスムーズに行うために、なるべく釣銭がないようお願いいたします。
 
★ご参加の方へのお願い
・昼食―当日学食は休業しております。また会場近辺にコンビニエンスストアはありますがやや離れておりますので、お越しの際にご購入頂き、ご持参ください。
・聴診器, マスク,手袋をご持参下さい
・当日は血圧測定を行いますので脱ぎ着がしやすい服装で、また、肺音聴取時用にTシャツ等の着用をお願いいたします。
 
★大阪府言語聴覚士会HPから申し込みが出来ない、1週間以内に申し込み完了の返信連絡メールが来ない等のお問い合わせは、以下の宛先までご連絡下さい
 大阪人間科学大学医療心理学科言語聴覚専攻 安井美鈴 メールアドレス m-yasui@kun.ohs.ac.jp

一覧に戻る


Hit Counter provided by criminal attorney Orange County