会員募集

大阪府下に勤務あるいは在住する言語聴覚士の方へ

勉強会や交流会などの情報をごらんいただけます。お申し込みはこのサイトから
行えます。 詳しく

新着情報10件以上の情報は一覧をご覧ください。一覧を見る

2020.02.17
【重要】研修会、勉強会開催中止のお知らせ
2020.02.10
摂食嚥下分科会 委員募集
2020.02.08
豊能ブロックの皆様
2020.02.08
生涯学習担当 新メンバー募集
2020.01.28
さかいきこえのフェスタ(3月21日・22日開催)
2020.01.24
言語聴覚士を対象とした講座の開催について(2020年2月23日開催)中止となりました
2020.01.10
2019年度 学術講演会(2020年2月23日開催) 中止となりました
2020.01.09
訪問リハビリテーション通信"絆" 最新号発行
2019.12.15
第 21 回日本言語聴覚学会 演題登録開始のお知らせ
2019.10.20
「非日本語話者に対応できる言語聴覚士の名簿作成」へのご協力依頼(日本言語聴覚士協会)

研修会 新着情報10件以上の情報は一覧をご覧ください。一覧を見る

府士会主催研修会

2020.01.21
第35回 堺ブロック・南河内ブロック合同勉強会のお知らせ(2月28日)延期となりました
2020.01.21
大阪府介護予防の推進に資する指導者等養成事業 多職種合同研修会(2月22日) 中止となりました
2020.01.11
第4回大阪府言語聴覚学術大会開催のお知らせ
2020.01.09
2019年度 学術講演会(2月23日開催)中止となりました
2020.01.05
地域ケア会議推進リーダー・介護予防推進リーダーアドバンス講習会のお知らせ(2月15日)終了しました
2019.12.30
業務安全検討委員会 第3回研修会(2020年3月8日開催)中止となりました
2019.12.29
第3回 小児言語分科会勉強会(2020年2月28日開催) 中止となりました
2019.12.05
第2回 聴覚分科会勉強会(2020年2月29日開催)中止となりました
2019.06.10
第1回摂食嚥下分科会勉強会(8月18日開催)終了しました

他団体主催研修会

2020.02.16
おおさか吃音のつどい きつおん講座 青年期以降の吃音治療 (3月8日)
2020.02.10
言語聴覚療法技術セミナー「摂食嚥下訓練の実際~自身の嚥下訓練手技を運動学的視点から検証しよう~」(3月20日開催)
2020.02.05
「第23回日本臨床脳神経外科学会」のご案内(9月20日~21日開催)
2020.02.04
近畿地区府県士会交流会のお知らせ(2020年3月1日開催)
2020.02.01
関啓子先生による失語症訓練 Melodic Intonation Therapy (MIT) 講習会(2月29日開催)
2019.12.15
2019年度大阪府訪問リハビリテーション実務者研修会(3月14日・15日)
2019.11.16
第 16 回日本訪問リハビリテーション協会学術大会 in 高知(5月30日・31日)

【重要】研修会、勉強会開催中止のお知らせ

新型ウイルスの感染予防を考慮し、当会主催の研修会を中止することになりました。
お申し込み下さいました皆様や関係者の方々には多大なご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。
どうぞご理解いただけますことをお願い申し上げます。
 
<中止となる研修会>
・2019年度学術講演会(2020年2月23日開催)
 ※学術講演会後に開催予定でした「言語聴覚士を対象とした手話講座」も中止となりました。
・業務安全検討員会 第3回研修会(2020年3月8日開催)
・第3回小児言語分科会勉強会(2020年2月28日開催)
・第2回聴覚分科会勉強会(2020年2月29日開催)
 
<延期となる研修会>
・第35回 堺ブロック・南河内ブロック合同勉強会(2020年2月28日開催)
 
 
一般社団法人大阪府言語聴覚士会 会長 藤井達也
 
 
気象状況等により研修会・勉強会を中止することがあります。
中止や変更が生じた場合、各研修会・勉強会の案内ページに掲載しますので参加前に確認をお願いします。

2019年度学術講演会 中止となりました

新型ウイルスの感染予防を考慮し、当会主催の研修会を中止することになりました。
お申し込み下さいました皆様や関係者の方々には多大なご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。どうぞご理解いただけますことをお願い申し上げます。

 

【テーマ】認知症の原因疾患に基づいた嚥下リハビリテーションの考え方

【内容】今年度は、大阪大学歯学部の野原幹司先生をお招きし、学術講演会を開催します。企画の経緯としまして、昨年度に実施したアンケートで「認知症と嚥下障害」に関するご要望が複数あったこと、また、新人研修会や摂食嚥下分科会勉強会で、認知症を合併している嚥下障害の対応で難渋しているとの相談がありました。対応として、嚥下機能のみに着目した定型的な関わりでは、十分なリハビリテーションを行うことができないことが背景にあるのではないかと考えています。

そこで今回、摂食嚥下障害がご専門の野原先生をお招きし、著書「認知症患者さんの病態別食支援 安全に最期まで食べるための道標」の内容等を踏まえてご講演いただきます。野原先生のご講演から、臨床での多くのヒントを得ることができると思います。みなさまのご参加をお待ちしております。

 

【日程】2020年2月23日(日)14時00分~16時30分(受付13時30分~)

【講師】野原幹司 先生(大阪大学歯学部・大学院歯学部研究科 顎口腔機能治療学教室)

【会場】大阪保健医療大学2号館 6階講堂(大阪市北区天満1-17-3)

【参加費】会員1000円、非会員4,000円、学生500円

【定員】200名(先着順)

【申し込み方法】こちらのページより申し込みください

【申し込み締め切り】2020年2月18日(火)

【問い合わせ先】ostgakujyutu-kou☆st-osaka.org

 ☆を@に変更してご連絡ください。

日本言語聴覚士協会生涯学習プログラム参加ポイント取得対象研修会です

大阪府との「失語症者への支援の検討に関する協定」締結のご報告

令和元年6月23日、大阪人間科学大学庄屋学舎において、一般社団法人大阪府言語聴覚士会と大阪府との「失語症者への支援」に関する協定締結式を開催しました。当会では、これまでの間、失語症者支援の検討に関し、大阪府とさまざまな連携を行ってきました。これをふまえて、「失語症者への支援の検討に関する協定」を締結するに至ったものです。当日は、当会会長の藤井達也と大阪府福祉部障がい福祉室長の奥村健志氏の間で、協定書の取り交わしが行われました。今後も失語症者向け意思疎通支援事業の実施に向け、大阪府や大阪府失語症友の会等連絡会との連携を図っていきます。

 

協定締結式の様子は動画をご覧ください。

右上の画像を選択し、▶ ボタンを押すと動画が再生されます。
動画を終了する場合は右下の✖ボタンを押してください。

 

第5回一般社団法人大阪府言語聴覚士会 総会のご報告

 この度、第5回一般社団法人大阪府言語聴覚士会 総会を終えることができました。委任状の件で、多くの会員の方にご協力を頂きましたことに厚く御礼申し上げます。
 総会では、第1号議案から第5号議案まで承認されました。第5号議案につきましては、理事会として提案しました「理事の再任を妨げない」ことについてご意見をいただきましたが、結果としては理事会案で承認されました。行政との連携により継続した事業運営を行う事項が増えており、それに伴う会議への出席が増えている現状と、次世代の理事の確保が困難な場合に会の運営に影響が出ることについて、多くの会員の方にご理解を頂いたことにつき、感謝申し上げます。
 今後も当会の活動にご理解、ご協力を頂ければ幸いです。

嚥下障害予防体操

2015度に作成した「嚥下障害予防体操」の資料は、下記からダウンロード出来ます。
また、会員ページからは嚥下予防体操に使用したイラストを個別にダウンロードすることが可能です。

嚥下障害予防体操のダウンロード

次世代医療システム産業化に関するアイディア募集

 

次世代医療システム産業化に関するアイディア募集

 

 
 
当会では大阪商工会議所と連携して次世代医療システムの産業化に取り組んでおります。

医療機器産業の世界市場は、毎年約5~8%の成長率を維持しており、ビジネスとして非常に有望な分野として注目されていますが、日本においては、輸入超過が続き、海外に比べ研究開発、事業化ともに遅れを取っていると言わざるを得ません。

その要因には、医療機関とものづくり企業との連携を促進するしくみが十分でないことや、海外の医療機器開発先進地域と比べ、医療機器開発のプロセスにおいて、マーケティングや出口戦略の策定、さらには規制当局との連携した承認取得戦略など、各プロセスにおける様々な要素が不十分であることが考えられます。

こうしたなか、関西においては、世界トップクラスの医療機関及び優れた技術、特色ある製品開発を可能とする多様な企業が集積していることから、大阪商工会議所では2003年に「次世代医療システム産業化フォーラム」を設置し、医工連携活動や事業化支援、さらには欧米、アジアとのグローバルネットワークを活かして国内のみならず、将来的に海外市場もターゲットとした医療機器の開発や事業化を促進しています。
 
このフォーラムを通じて、大阪・関西はもとより日本で有数の医療機器の開発・事業化のバリューチェーンを構成またはサポートする企業や組織等が揃い、医療機器開発がスムーズに進む環境の構築に取り組んでいます。
 
つきましてはアイディアを広く募集し提案していきたいと考えております。
日々の臨床や教育での考えを自由な発想で提案してください。下記に募集に関しての応募方法を記載いたしました。
皆様からのアイディアを心待ちにしております。

―記―
 
【件名】次世代医療システム産業化フォーラム アイディア募集に関して
【申し込み先】st.hushikai.mdf@gmail.com
【本文】①氏名 ②所属 ③連絡先
【担当者】大阪府言語聴覚士会 奥村正平
 
以上

大阪府言語聴覚士会 次世代医療システム産業化フォーラム担当 奥村正平

嚥下障がい予防体操 口腔編(前編)

当会の地域包括ケアシステム検討委員会が検討会・作業チーム委員として参画し、
「短期集中予防サービス(通所型)」ガイドブック、動画解説が作成されました。

右の画像を選択し、▶ ボタンを押すと動画が再生されます。
動画を終了する場合は右下の✖ボタンを押してください。
【内容】
・嚥下障がい予防体操(呼吸編)  ・嚥下障がい予防体操(口腔編)
・嚥下おでこ体操


大阪府ホームページに掲載されましたのでご覧ください。

・「短期集中予防サービス(通所型)」ガイドブックはこちら

・「短期集中予防サービス(通所型)」動画解説はこちら

 

嚥下障がい予防体操 口腔編(後編)

当会の地域包括ケアシステム検討委員会が検討会・作業チーム委員として参画し、
「短期集中予防サービス(通所型)」ガイドブック、動画解説が作成されました。

右の画像を選択し、▶ ボタンを押すと動画が再生されます。
動画を終了する場合は右下の✖ボタンを押してください。

【内容】
・ぶくぶくうがい   ・あいうべ体操   ・唾液腺マッサージ  
・舌トレーニング   ・パタカラ体操


大阪府ホームページに掲載されましたのでご覧ください。

・「短期集中予防サービス(通所型)」ガイドブックはこちら

・「短期集中予防サービス(通所型)」動画解説はこちら

【会員情報の入力内容をご確認ください。】

 会員情報のお名前と会費納入振込人名が異なる場合が、多くみられております。また、会員情報が未入力のため、事務局からご連絡できない場合もございます。会員情報に変更がある場合は、速やかに修正をお願いいたします。会員情報が未入力の方は、至急入力をお願いいたします。ニュース等の送付物は、入力いただいた住所へ発送いたします。

会員情報入力方法、注意点は、以下の通りです。
会員のページにログイン(詳細な方法はニュース54~63号をご覧ください。)し、上のバーの「会員情報変更」から住所や勤務先などの詳細な情報の入力をお願いします。しかしながら、文字化けや誤りにより、送付物が届かない不具合が発生しております。
①会員情報への入力について:数字・記号は、半角での入力をお願いします。
②会員情報が正しく入力されているか、再度ご確認をお願いします。

Hit Counter provided by criminal attorney Orange County